ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2013.12.20 Friday

ほんとにほんとにほんとにほんとにライオン田

出版社で働くライオン。
ライオンのような人じゃなくて、ほんとにほんとにライオン。
学歴は高いけれど、小心者でお人よし。
リアルなライオンの絵なんだけれど、スーツ姿が3等身で、性格とともにとっても可愛い。

ネットで毎週更新される漫画で、今でも只で見れるンだけど、本で見たいなと思いました。

何度も読んでいて、筋は判っている、こんな本を読みながら寝るのが好きなんです。
まるでホットミルクのような・・というか。

ライオン田は四つ子で(ライオンは多産なので)、兄弟はそれぞれ個性的。

お気楽モノのお兄ちゃんのファンです。
2009.07.07 Tuesday

PLUTO

とうとう終わりました・・PLUTO。

PLUTO 8 (ビッグコミックス)
PLUTO 8 (ビッグコミックス)
浦沢 直樹


第一巻が、2004年11月だから、約5年間近くかかったんですねェ・・長かった・・

その昔TVで見た『鉄腕アトム』版の事も、なんとなく覚えていて、最後に、敵だったプルートウがかわいそうだなと思ったのを覚えています。


子供の頃見た手塚版も、印象的なお話だったけれど、筋を変える事無く、こんなに面白く深い話に作り上げた浦沢直樹さんも、天才なんだナァ・・と思いました。

今回、最終巻が出たので、第一巻から読み直しているんですが、白いライオンとか、無許可の医師とか、手塚治虫さんの他作品への敬意が散りばめられている。

そして、これは実際に起こったあのことだ・・とか、ココはあの映画のシーンかな・・・とか、ストーリーを追うだけでなく、あれこれイメージが膨らんで来ます。

覚えが悪いのか、ちゃんと読んで無かったのか、今になって細かなストーリーに気づくこともあり、考えさせられる深いテーマあり、何より、前回涙が出た所は、今回も胸が締め付けられてしまいます。

子供の頃大好きだったアトムが、こんなに可愛く繊細な男の子として描かれているのも、嬉しいことです。


Powered by
30days Album