ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2011.12.06 Tuesday

フラペッツ!?


フラペッツっていう名前のノート。
多分、この生地の名前でしょうが、可愛いし、雰囲気ですよね。

大阪のチャルカ(CHARKHA)のネットショップ・チャルカおかいもの.netで買いました。

東欧のビンテージ生地を貼ったこのシリーズのノートは、ネットショップに
あがるとすぐに売り切れてる人気のもので、いくつも持っているのに、見る度
欲しくてたまらなくなるノートなのです。

どこか懐かしいような、可愛い生地と、真四角な形が、他所では
見ないということもあるけれど、中身のノートが、私の大好きなグリッド、
それもオレンジの格子だから好きにならずにはいられない・・。(唄みたいですが・・)


一緒に、毎回違うショップカードが
入っていて、これも楽しみ。













この可愛い中のページに、ケチな私もついつい使いたくなる。

以前は、ダイアリーと言うかスケジュール帳として使っていたこともあるけれど、
今は、スクラップした可愛い写真を貼るノートになってます。




2009.07.18 Saturday

アジ紙EXPO2009-3

アジ紙EXPO2009で買ったもの。



ノートは悩んで、古いアドレス帳のような、アルファベットの索引付きノート。

中にちょっとだけ書き込みのあるのが味がある。

人ごととは思えない体型の水着姿のお母さんのポストカードと、ホットドッグの紙袋を合わせて・・



可愛い小冊子は、中のクロスワード回答済み!!
バーコードシールはおまけでしょうか・・

2009.07.15 Wednesday

アジ紙EXPO2009-2

アジ紙EXPO2009で展示を見ていると、紙ものの整理や保管のヒントがありました。

コレ↓は、旅で集めた袋もののファイル。



中を開いて、自由に楽しんでまた仕舞って下さいとありました。

私も袋物は好きで、頂いたもの、買ったものや捨てられないものなどなどアレコレあるのですが、なんとなくアチコチに散らかっています。

ビニールファイルに別々に入れるのが良いかもだけれど、もっとラフに出来ないかなと思っていたので、この方法だったら簡単だし、大きさもマチマチで大丈夫。

まずは、カラフルなファイルを探します。
2009.07.14 Tuesday

アジ紙EXPO2009-1

今日は、アチコチ出かけて来ました。

まずは、予約したペリカンのパンを買ったら、アノニマスタジオで開かれている『アジ紙EXPO2009』へ。




大好きな大阪の雑貨店チャルカさんの本『アジ紙―東欧を旅する雑貨店チャルカの、好きで好きで仕方のない紙のはなし』に載ったアジ紙の展示や、東欧から買ってこられたさまざまな文房具やノートや紙などの販売で、普段はネットでしか見れないものが、実際に見れるので、楽しみにしていました。

アジ紙―東欧を旅する雑貨店チャルカの、好きで好きで仕方のない紙のはなし
アジ紙―東欧を旅する雑貨店チャルカの、好きで好きで仕方のない紙のはなし
チャルカ


入ったら、頭の上には、手作りの万国旗で、お祭り気分な飾り付け。
土曜には、ホントに『アジ紙まつり』もあったらしい。

壁一面に貼られた、様々な紙のコレクションや、写真などを割り付けた本の見本など、チャルカファンには堪りませんが、まず第一に目についたのは、端の方に置いてあった、布張りのノートの旅のノート。


本にも載っていましたが、買い付けの旅ごとに、領収書や紙ものなど貼った記録帳。

中身が開かれたノートも・・



紙すきにとっては、見るのも楽しいのですが、集めたものをどう仕舞っておくかのヒントになることもあったし、モチロン珍しいノートなどお買いものも出来て、満足なイベントでした。



2009.07.10 Friday

charkha



大阪にあるチャルカは、東欧の雑貨や紙やノートなどが並ぶ、紙好きノート好きには堪らないお店。

お店には一度だけ行った事がありますが、東京では見た事の無い紙や文房具、オリジナルのノートがあって、夢中になりました。

近くに無いのが残念だけれど、カフェもある店内の、のんびりしていて馴染みやすい雰囲気は、気取らない大阪ならではだと納得。

お店でのワークショップやイベントなどに参加出来ないのは残念ですが、チャルカおかいもの.netでお買いものは出来ます。

上↑の写真は、東欧のヴィンテージファブリックを使ったノートで、大人気なんでしょう、すぐに売り切れてしまいます。

自由が丘のsixやネットショップなどで買ったこのノート、もったいなくて中々使えないのですが、旅ノートや、切り抜きノートなどで、使っています。





真四角というちょっと変わった形と、中身のページのオレンジのグリッド、古くて可愛い布と、ずっとそばに置いておきたいノートです。

布張りのノートと言えば・・
続きを読む >>
Powered by
30days Album