ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2013.12.01 Sunday

12月


とうとう12月になりました。
年賀状・クリスマス・田舎に帰る支度などなど・・
毎年バタバタしたままあれよあれよと年末年始を迎えています。

今年こそ早めに・・と思ったのになぁ・・

内田彩乃さんを見習って、丁寧に暮らそうと思ったのですが
なかなか真似出来ないです。

 


tree_100


 
評価:
内田 彩仍
宝島社
¥ 1,260
(2012-11-27)

2011.11.15 Tuesday

師走!! ??



師走にはちょっと早いですよね。

でも、なんだか、だら〜っと静かにして怠惰な私の暮らしが、ちょっとだけ
にぎやかになりつつある今日この頃。

一つには、このzakka diaryを最近毎日アップしようとしてることもあるンですが、
これは毎日と思ってないとすぐに開店休業状態で、書こうと思っていたことも、
全部忘れてしまうから、ちょっとプレッシャーをかけているところ・・。

しかし、書き始めると長々となるのは、おしゃべりな私の悪いクセ。

理想は、今日の一枚をパシッと撮って、サラッと文章を書いて・・という
毎日なんだけれどなぁ・・無いものに憧れるのが人というものかしら・・

無い物ねだりはいろいろあるけれど、生活面においては、ちゃんと暮らしてる
って感じる人に憧れる。

先日テレビで見た、木皿泉さんの、扇風機も無いけれど、美味しいものを
キチンと手をかけて食べて、モノは多いけれど、ちゃんと片付いてる暮らし
とか、下に載せた、赤木智子さんの、漆職人の夫の仕事をサポートし、家族の
食事を作り、そして、それを実に素敵な器に盛りつける、田舎の暮らし・・

美的なものと、毎日の雑多な暮らしが良いあんばいに合わさって、素敵な暮らし
だなぁ・・と思う。

作家モノの器も、ざるも鍋も、毎日使われ洗われて乾かされ、また使われて・・と
お店に飾られていた時とは違う、綺麗だけれど味のあるいい顔になってるような
気がする。

もったいなくて仕舞っていたお茶碗もグラスも(そんなに高価な物では無いけれど)
これからは、ガンガン使って行こうと思ったのでした。





評価:
赤木 智子,雨宮 秀也
新潮社
¥ 1,575
(2010-10)

2011.11.01 Tuesday

11月の始まり


久々に毎日アップの10月でした。
11月も出来るだけ毎日続けたいなと思ってますが、どうでしょう・・

写真が撮り貯めてあれば大丈夫なんですが・・最近パソコンの調子が悪くて、
画像処理に時間がかかることこの上ない・・
なんでかな・・。

11月最初は、田舎で撮った姫リンゴの写真。

田舎に帰った時の最近のブームは、友達と農協の直販所や道の駅へ行くこと。

今までそんな興味はなかったのに、自分でも嘘みたい・・。

しかし、形はイマイチでも、新鮮な野菜が安いこと!! 

この姫リンゴも一袋数十個も入っていて、2〜300円。
安いんじゃないかなァ・・。

そして、お花も安い。

夏には、大きな紫陽花を買ったら、今はいいカンジのドライフラワーになりました。

主婦としてのスキルが低過ぎて活かせなかった田舎の良さを、ようやく実感出来る
ようになった・・ってところかな・・
(と、アラ還なのに今更ですが・・)

ところで、今年は久々にNHKの朝の連続ドラマを見ていて、前回の『おひさま』は、
戦前の、古いお家の可愛らしさと、礼儀正しく美しい言葉使いの人々に心惹かれ
見続けてましたが、
今回の『カーネーション』は、大阪らしい、ガッツに溢れた女の物語。

一度見たら忘れない個性的なコシノジュンコさん姉妹のお母様のお話です。

昨日月曜日のお話で、デパートに自分の洋服を売り込みに行くけれど、
何度も断られる主人公・・。
でも、くじけないでつぶやいた言葉が、『見ィとれ!! 』

これは、言葉のイントネーション込みでないと伝わらないンですが、とっても
気に入りました。

明るいガッツっていうのが感じられて良いな。



2010.01.21 Thursday

シンプルな暮らし



友達の日記を見て作ったネギのスープ。

最近実家の物置で見つけた古い洋食器によそってみました。

この前の情熱大陸で見た画家石井一男さんの暮らしぶりに探していた答えを見つけたような気がしました。

ただひたすら絵を描く日々は、とてもシンプル。

古い小さな家には、家財道具はほとんどなく、食事はご飯と二つのオカズとも、近くの総菜屋さんで買ったもの。

何の変哲も無い折りたたみの机を出して、食事。

食器も普通のものなんだけれど、キチンと総菜屋さんの入れ物からそれぞれの器に移して、お盆に並べて・・

それが、石井一男さんの清潔な佇まいと合わさって、とても美しく見えました。

家具も料理も器も・・一つ一つがこったものでもなんでもないのに、あんなに素敵に見えるのは、なんでだろう。

モノに惹かれ追いかけ振り回され続けている私だから余計に感じ入ったのかもしれません。

最近思ってる暮らしの方向が見えたような・・そんな清々しい気持ちになりました。

Powered by
30days Album