ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2010.11.16 Tuesday

オロナイン

 今、一番好きなCMが、オロナイン軟膏の『手の一日』




働くお母さんの一日の手を取り上げているのだけれど、雰囲気とか、音とかが、最初に見た瞬間から気に入ってしまいました。

HPを見つけて、何度も何度も見返している。


団地に住むおかあさんが、朝、カーテンを開けて、子供を起こし、お弁当を作り、みんなを送り出し、掃除洗濯をして自転車で会社に行って、電話をかけたり、コピーをとったり、帰って来て、娘と手と手をリズミカルに打ち合わせるクラップで挨拶(!?)、お風呂に入って灯りを消して寝る・・そんな普通の風景。


で、なんでこんなにいいカンジなんだろうと、何度も見ていて気がついたのが、出て来る小物の一つ一つがとても素敵だということ。

例えば、最初のシーンの、木の枠の窓にかかるシンプルなカーテンからして、素敵。
子供のお布団のカバーも漫画の入ったようなものじゃない。
そして、昔懐かしい薄い長方形のお弁当箱に詰められたお弁当の、懐かしくも美味しそうなこと!!


洗濯の籠は、最初はプラスティック??って思ったけれど、違う。
コレはきっとアイアンにビニールカバーか何かのアンティークじゃないかなァ・・とても素敵な形をしているんです。
売っていたら欲しい!!

子供の運動靴を洗うのは、アンティークの琺瑯の洗面器。

働く会社も、電話機のスタイリッシュさを見ても、ちょっとひと味違うおしゃれなカンジ。
そうそう、お母さんのコートも、ツイードだけれど、新品っぽくないンです・・いいカンジ。

帰って来てからの、娘とのクラップもカッコイイというか、可愛いンだけれど、私はその背景のインテリアに興味津々。

ピアノもミシンも・・ウウ・・言い出したらキリが無い。
最後に映るのが、私達世代には懐かしい、パタパタ式のデジタル時計なんだけれど、これも、ネットで見たら、今ではどうもユーズドじゃないと手に入らないみたいで、これまた、良いな〜〜
と、一分のCMに入れ込み過ぎなワタクシでありますが、この雰囲気は、『かもめ食堂』や『めがね』にも負けないくらい素敵だな〜と思ってます。

私の今年のCMアカデミー賞最優秀賞でアリマス!!

Powered by
30days Album