ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< arbol  神楽坂 | main | 夏時間 >>
2009.07.03 Friday

紙との時間 a.b.c

紙との時間 a.b.c
紙との時間 a.b.c
堀井 和子


昨年、京都のモーネでコラージュの個展、『 Rikkaのガラスと紙箱』展を開かれた、堀井和子さんの本。

最初に、展覧会までの、モーネの井上由季子さんへの手紙やファックスが載っていて、少しずつ、作品や個展の形ができ上がって行くのが判ります。

きっかけは、ガラスのオブジェを入れる箱にコラージュしたのが始まりでだけれど、どんどんコラージュにハマって行く堀井さんのワクワクが伝わって来て、自分でも紙を出して来てチョキチョキしたくなります。

この本の出版記念で、今年も、堀井和子さんの個展が、モーネのギャラリーで開かれました。

今回も出かける事は出来なかったけれど、HPで作品を購入する事が出来ました。

「コラージュのおもちゃ箱」




箱の中の3つのコラージュは、それぞれ独立しているので、自分で好きな風に並べ替える事が出来ます。


箱の底の手書きの文字が、アクセントになっています。

箱の表にもコラージュがあって、こちらも可愛い。

コラージュって色々な作品を見れるようになりましたが、堀井さんのコラージュ作品は、シンプルで、抽象アートのようです。


コメント
いいものを買いましたねえ♪
コンクリートのお部屋に映えそう。。。
数字トアルファベットがなんともいえない味ですね。
わくわくが伝わってくる作品です。
  • チョメ
  • 2009.07.04 Saturday 17:19
チョメ、ボンソワール( ̄∠ ̄ )ノ

コンクリートの部屋があると良いですねェ・・
なんでも似合いそうです。

数字、アルファベット、大好きなものばかりです。
堀井さんのデザインは北欧の雰囲気がします。
ご本人がお好きだからでしょうね。
  • jara
  • 2009.07.04 Saturday 23:30
コメントする








 
Powered by
30days Album