ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< KATHARINE HEPBURN | main | 夢の国のリトルニモ >>
2012.10.10 Wednesday

秋のテレビ『ゴーイングマイホーム』

評価:
是枝裕和
イースト・プレス
¥ 1,365
(2012-10-17)

評価:
---
バンダイビジュアル
¥ 2,835
(2009-01-23)

 昨日から始まった、是枝監督、監督・脚本の、フジテレビのドラマ『ゴーイングマイホーム』。

是枝監督の作品は、『歩いても歩いても』がとても良くて、期待してました。

昨日は2時間スペシャルだけれど、もう、好きな所が有り過ぎて、映画なら2時間で終わりだけれど、これからずっと見れるンだと思うととても嬉しい!!

父親が旅先で倒れて急遽集まる家族、主人公である長男と、母親と姉夫婦。

すぐにどうこうなるという事態では無いと知ってからの、みんなの普通の会話がなんとも面白いし、そうそう、意外とこんな話してるよね・・と思い当たって、ニヤニヤしながら見てました。

病院の付き添いだって、『和歌の教室』があるから、その日は駄目と言うお母さん。

そうだよね、いつまで入院が続くのかどうか判らない時って、そんな感じだよね・・とか、(まだ亡くなっていない)父親が亡くなった後、一人残された母親の世話をどちらがみるか、お互い相手に押し付けようと、「あんた車買ってもらったでしょう」とか、「住宅の頭金出してもらっただろう・・」なんて言い合って、と描き方によっては、私の苦手な嫌〜な場面も、さらっとしてるというか、お互いの親密さが却って感じられて、嫌じゃない。

そして、広告代理店に勤める主人公の妻は、フードスタイリストで、娘のお弁当も、毎日セッティングして写真を撮っていたり、思いついて新しいメニューを作ったりしているのだけれど、その家とか、オープンキッチンが、素敵なものばかりなんだけれど、変にシンプルすぎず、様々な道具やザルやかご等があちこちに置かれていて、それもまたリアルでイイナと思いました。

テレビに出てくる素敵なお部屋は沢山あったけれど、こんなにモノが沢山ぎっしりあって、なおかついい感じってのがリアルだな・・と。
だって、フードスタイリストをやっていたら、道具やらなんやら、モノは沢山あるはずだから。

そして、仕事の際の大荷物!!
それを入れる和のカゴも、持ち手を藍染め風の布でカバーされていて、これまた手が入っていてるようで、イイナ!!

お話も、面白そうで、これからが楽しみ!!

『クーナ』というのは、昏睡中のお父さんが探していたらしい、謎の生き物。

「世界は見えてるものだけで出来ているンじゃない・・」というのが、テーマらしいので、これからストーリーのポイントになってくるのでしょうね。

コメント
コメントする








 
Powered by
30days Album